2018/04/16

旅ブログで稼げないなら、ライターとして稼ぐという方法も

旅ブログを始めてみたものの、なかなか稼げないという人は少なくありません。そもそもブログで稼ぐこと自体、時間がかかることですので、それなりの覚悟と時間がないと、それだけで食べていくのは、正直しんどいものです。

旅ブログでまだ稼げていないなら、ブログが軌道に乗るまでライターとして稼ぐという方法があります。

旅が好きなら、旅行にまつわる記事を書いてそれを売れば、ライターとして原稿料を受け取ることができるんです。今回は、ライターとして稼ぐ方法について説明しておきます。




旅行ライターとして稼ぐこと

ライターというと、とてもプロフェッショナルなイメージを持つ人もいますが、今の時代、ライターになる敷居はグンと低くなってきています。それは、ウェブ上に公開される記事作成の需要が高まっているからです。

いわゆるライターという人の中には、ウェブライターという人たちがいますが、彼らは主にウェブ上のサイトやブログのために記事を書くことを仕事としています。

記事は1本の文字数と記事単価が決まっているパターンが多く、さまざまなジャンルのライティングの仕事があります。その中に、旅行というカテゴリーもあります。

旅行が好きな人にとって、旅をしながら収入を得られれば、途中で旅行をやめる必要がありませんよね。これは、理想のライフスタイルではないでしょうか。

旅ブログで生計を立てるには、テクニックと時間が必要ですが、ライターならすぐに報酬を受け取ることも可能です。ライティングの仕事は単発のものも多いので、自分のブログで稼げるようになるまでの「腰掛け」のつもりでも全然問題ありません。


旅行ライターとして稼ぐ方法


まず、ライターとして仕事を始めるなら、クラウドソーシングを利用するのが手っ取り早いでしょう。クラウドソーシングというのはネットを介して仕事を依頼したり受注したりするシステムのことです。

クラウドソーシングでは、毎日たくさんのライティング案件が提示されています。掲示板に並んでいる募集案件を見て、「これは」と思うものがあったら、どんどん応募してみるとよいでしょう。

通常クラウドソーシングのサイトは登録無料になっています。ですので、まずは登録してどんな仕事があるのか、眺めてみてください。


>>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


一番のおすすめは、上のクラウドワークスです。他にもBizseekというところもおすすめです。登録の際に本人確認が必要になりますが、その分相手のことも信頼して仕事を引き受けることができます。

また、少し慣れてきたら、ココナラも登録してみてください。こちらは、自分からライターとして「出品」するシステムになっています。ライターがイニシアチブを握ることができるので、また違った稼ぎ方ができます。


スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿